過去の都臨技ニュース News

平成27年度新春のつどい・各賞受賞祝賀会のお知らせ

 H27年度新春 (2015年11月30日掲載)

医療安全推進週間が11月22日~28日の間に実施されます

医療事故防止のため、これまで医療関係者によって種々の努力が行われています。
さらに、患者の安全を守ることを旨とし、さらに幅広い関係者の参画の下に、体系的かつ広範な取組の推進週間です

厚生労働省HPの医療安全推進週間の専用ページにも掲載されています

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/torikumi/iryouanzen15.html

医療安全推進週間

臨床検査技師、業務について

1.臨床検査技師の診療の補助として採血に加え、検体採取が業務追加されました。
経緯説明  検体採取 検体採取の業務追加(経緯の説明).pdf
臨床検査技師に関する法律  法律 臨床検査技師に関する法律.pdf
 
 
2.検体測定室に関するガイドラインに関わる疑義解釈集(Q&A)
平成26年6月18日厚生労働省医政局指導課医療関連サービス室より事務連絡がありました。
「検体測定室に関するガイドラインについて」に関わる標記疑義解釈をご確認下さい。
疑義解釈集  疑義解釈集 ​疑義解釈集.pdf

新しい都臨技会誌

長年にわたり親しんでいただきました会誌の誌名を『都臨技会誌』から『東京都医学検査』に変更致します。
昨年の4月に東京都臨床検査技師会は、公益社団法人として再スタートを切りましたが、新しい法人の顔となる会誌の表紙をリニューアルすることといたしました。

新会誌-小2月上旬に発送します42巻第1号から、新生なった都臨技会誌がお手元に届きます。
誌名を『東京都医学検査』としたのは、定款第2章[目的及び事業]の第4条(5)に「学術誌の刊行」と謳われていることから、学術誌らしい誌名となり、かつ都臨技主催の学会との名称の整合性もとる変更としました。
内容に関しましては、一昨年より徐々に学術的内容を増やすよう努力しており、今後も継続して行く所存です。

会員の皆様には、新しい都臨技会誌『東京都医学検査』をご愛読いただきたくお知らせいたします。

都臨技主催研修会の参加費について

平成25年4月に開催する研修会から、非会員の参加費はこれまでの3,000円から1,000円になります。これに伴い、新しく臨床検査技師になられた新人の方は7月末まで無料で受講できましたが、4月からはこの制度はなくなります。
また、新たに学生会員の制度ができますので、学生の方も非会員は1,000円となります。
注)非会員とは、東京都臨床検査技師会の会員ではない方です。
  日臨技のみの会員、もしくは日臨技会員でも東京都以外の道府県技師会の会員は非会員となります。

学生会員2015  学生会員についてはPDFを参照下さい。

平成26年度新春のつどい・各賞受賞祝賀会のお知らせ

平成26年度新春のつどい・各賞受賞祝賀会のお知らせ
H26tudoi

役員推薦公示について

役員選出委員会では、組織運営規定第8条により、平成26・27年度の公益社団法人東京都臨床検査技師会役員の人選に関して検討中であります。今期においても広く一般会員の意見を参考にし、適任者を選出していきたいと考えております。 東京都臨床検査技師会正会員の中から、自薦・他薦を問わず多数のご推薦状をいただきますようお願いいたします。
役選公示  役選委員会公示文

H2526役選 H25.6.27_役員推薦状 (理事・幹事・会員 共用)

平成25年度予算総会議案

平成25年度予算総会 第三号議案にて
定款の一部変更について提案させていただきます。
 
今回の変更は東京都における公益法人認定における必要事項であり、
第4条2項に「前項の事業は、東京都内において行う」を追加させて
いただきたく存じます。
 
会誌2月号には変更箇所のみの記載でしたので、全文を掲載させていただきます。
新定款案
改定案
RSS 2.0