入(退)会/会員情報変更 技師会に入会するメリット

技師会に入会するメリットとは?

臨床検査技師になるからには、臨床検査を通じて医療並びに公衆衛生の向上に貢献しなくてはなりません。
この社会的責任を果たすため、日本臨床検査技師会(以下 日臨技)をはじめ東京都臨床検査技師会(以下 都臨技)は、
生涯にわたる幅広い教育研修と職場環境の整備に努力しています。

印刷用pdf2018   ← 印刷用pdf
       (ご自由にご活用ください)

メリットI

各種認定試験の受験、更新に役立つ

● 日臨技主催の各種認定試験受験、更新の際に生涯教育が必須になっています。
   (一般、心電検査、臨床染色体遺伝子、病理、救急検査など)

● 履修期間は、履修開始年度から5年間が1サイクルとなっています。
  5年以内に基礎(60点以上)+専門(140点以上)=合計 200点以上で修了になります。

● 各科目と点数は「都臨技行事予定表」でご確認ください。

メリットII

日臨技の「全員加入保険」

会員の皆さまを守り、安心して業務を行えるように、医療関連職能団体としては唯一、
日臨技が保険料を負担して業務中の賠償事故を保証する「臨床検査技師賠償責任保険」を中心に
制度設計されています。

保険
 











日臨技ホームページより

メリットIII

研修会に無料で参加できる (一部の実技講習会を除く)

● 医学医療の発展によって、臨床検査は量的・質的にも著しく拡大しています。
  学生時代に学んだだけでは生涯通用しないことを皆さんはご承知かと思います。
  将来、多様化していく臨床検査技師の業務を行うために、知識・技能の質的向上が社会的にも要求されます。

● 学生の方は今から学生会員となって、基礎研修会の参加や最新の情報を手に入れましょう。

● 技師会に入会し、積極的に研修会に参加しましょう。

メリットIV

臨床検査技師の認知度が高まる

● 入会し会員数が増えると臨床検査技師の法律上での資質向上が実現可能となります。

● 検査技師会と同様に技師連盟に加入(一口 1,000円)すれば、臨床検査業務の拡大が法改正により実現可能になります。
 
連盟
RSS 2.0